会場Location

青山葬儀所

東京都港区

都内でも有数の大型斎場。
知名度格式も高く宗教・宗派を問わず使用できます。

青山葬儀所は明治34年に民間の斎場として開設。大正14年に旧東京市に寄付され、昭和49年に現在の建物に再建された歴史ある葬儀所です。

約3000坪の敷地内には桜や欅など数多くの木々が、四季折々に豊かな自然とゆとりを感じさせてくれます。

青山葬儀所の特徴

青山葬儀所の特徴
  • 地下鉄駅から徒歩3分、バス停留所から徒歩1分。
  • 式場の他に僧侶室、遺族室、来賓室なども完備。
  • 圧倒的知名度を持つ、都内有数の大型斎場。

お別れ会事例 著名人のお別れ会

お別れ会事例 著名人のお別れ会

2015年9月24日に胆管がんでご逝去された川島なお美さんのお葬式が、10月2日、東京・港区にある青山葬儀所で開かれました。当日は関係者やファンら大勢の人が集まり、別れを惜しみました。

式の間は式場の外に待機し、設置されたスピーカーから中の様子を聞いていたのですが、お別れの言葉として故人と親しかった方々がその生前の様子を語っているのを聞いているだけで、つい胸が熱くなりました。

(当社事例ではありません)

お別れ会事例 演出家 蜷川幸雄

お別れ会事例 演出家 蜷川幸雄

2016年5月12日、肺炎による多臓器不全のため亡くなった演出家、蜷川幸雄さんのお通夜が、15日午後6時、東京・港区の青山葬儀所で行われました。日本を代表する演出家として、国内外で幅広く活躍した故人。関係者やファンら1,576名が訪れ、最後の別れを告げました。

この遺影は長女、実花さんの作品です。写真家、映画監督として活躍する実花さんが、昨年9月に上演された、『NINAGAWA マクベス』の稽古場で撮影しました。

(当社事例ではありません)

実は家族葬も可能です

実は家族葬も可能です

青山葬儀所というと、都内でも一等地にあって芸能人など有名な方のお葬式やお別れの会を行う場所というイメージがあります。

しかし、実際には一般の方々のお葬式・お別れ会・偲ぶ会も行うことが可能です。

storyからのアドバイス

storyからのアドバイス

多くの著名人の葬儀、お別れ会を行ってきた格式高い葬儀所ですが、一般の方でも十分ご利用になれます。

ホテルに比べて料金が割安なため、会場費を抑えてお別れ会を行うことができます。

300名収容の会場の隣に、懇親会会場も隣接しており、一部では主要会場で故人への祈りを捧げ、2部では懇親会会場で故人の思い出を語りあうなど、利用しやすいつくりになっています。

ご遺族や導師控室も個室完備されています。

DATA

人数

着席:300名

設備

・館内施設式場:415㎡(祭壇部含む)300席
・控室:洋室140㎡(約87畳)、和室(2室)10畳、6畳

 (6畳和室はご遺体安置室としてもご利用可能)
・受付、クローク、更衣室など
・駐車場90台

著名人のお別れ会

2018年5月24-25日 西城秀樹さん 通夜・告別式

Storyお別れ会事例

アクセス・地図

住所 〒107-0062 東京都港区南青山2-33-20
アクセス

東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より 徒歩3分
東京メトロ銀座線「青山1丁目」駅より 徒歩8分

この会場でのお別れ会のご相談をする

お別れ会の相談をする

0120-963-925

土日祝は 070-5027-6943


その他の会場

その他の非公開事例も多くあります。お手軽なものから大々的なものまで
「こんなお別れ会できるの?」とお気軽にお問い合わせください。