Staff

  • プロデューサー

    井野 貴亮

    世界でひとりだけの大切なかたのお別れ会です。皆様の心の中では決して型どおりではない 特別なお別れ会を考えられていると存じます。
    まずは、皆様のそういったお気持ちも含めて私達にぶつけてみていただけますでしょうか。皆様の思いを一つ一つ具体的な形にするお手伝い、ご提案ができると思います。

  • アートディレクター

    濱田 花野子

    お別れ会の装飾・小物作成を担当。
    テーマやコンセプト、お聞きしたお人柄などからその人らしいオリジナルデザインを作っていきます。既製品に頼らない、オーダーメイドの『Story』だからこそできる、大切な人との思い出作り。

    案内状・式次第・ウェルカムボードなどの作成も紙選びから行います。

  • フラワーデザイナー/1級フラワー装飾技能士

    榎本 伸也

    大切な人の好きだった場所や物の雰囲気、花、色、「その人らしさ」を表現したいと言う想い、「ありがとう」や「感謝の気持ち」「思い出」などを皆さんで共有出来る雰囲気作りを心がけています。一輪一輪の個性と美しさを最大限に見せられるようにお花と会話をし、装飾しております。思い出話に「花」を咲かせて下さい。

  • 司会

    葛西 智子

    ご家族、関係者の方から大切な方のお話を私自身が納得するまでお聞きし、「ありがとう」の気持ちを込めて想いを言葉にします。ご生前の姿を思い描き、代弁者として語らせていただいきます。ラストステージこそ、大切な方のための世界に一つだけの絆を辿る時間を作りませんか。 一緒に同じ想いを叶えましょう。

  • 事業責任者

    堀下 剛司

    大切な人との「お別れの時間」はどうあるべきなんだろう。心の整理のつかないまま、慌ただしく行われるお葬式には足りなかったものがあるのではないか。ご縁のある方と「つながり」を、もっと共有する場が必要なのではないか。そんな思いで「Story」をつくりました。
    あるとき、1通の相談をいただきました。
    「亡くなった主人のお別れの時間を持ちたいけど、どうしたらいいかわからないんです。私のことが大好きだった主人は『泣き崩れる私をみんなに見せたくないから、普通の葬儀にしたくない。半年したらお別れの会でも開いて、みなさんにありがとうと伝えてほしい。そのころには君もぼろぼろにはならんだろう?』と言い残しました」

    この愛に満ちた想いを「Story」に込めたいと思いました。相談いただいた方とスタッフがひとつになって、たくさんのやりとりをして、思いを込めて、一緒にカタチにしていきました。そうしてできあがった「Story」。そこには涙とともに、笑顔があったのです。そんな語らいの場を世の中に創りだしていきたいと思っています。

0120-963-925

平日10:00-17:00