プランPlan

恩師・上司・同僚を偲ぶ

始球式後お別れ会開始
献球
寄せ書き
故人の大好きな日本酒を片手に、懐かしい思い出を語り合う
ユニフォーム姿で参列
Arrow
Arrow
ArrowArrow

社会的なつながりや交友関係の広かった方に、お世話になった気持ちを伝えたい

目安の参加者数

100名~250名

場所の例

公会堂、葬儀場、パーティ会場、音楽堂、ホテルバンケットルーム、海辺

プログラム例

13:30 受付開始

野球をこよなく愛し、少年野球のコーチだった父ちゃんのお別れ会です。仕事関係、野球関係など幅広く愛された父ちゃんを偲びたい人が続々と受付にやってきます。その数200名。お別れ会の招待状は野球のチケット。父ちゃんの「ファイナルゲーム」の観戦チケットなのです。野球のユニフォームで来る人もいて会場は野球一色に染まります。父ちゃんの思い出スライドショーを見ながら、それぞれの思いを胸に静かに開式を待ちます。

14:00 開式

みんなで父ちゃんに黙祷。そして、お世話になった会社の社長さん、親友のオヤジ会代表の友人、父ちゃんの父ちゃん(故人のお父様)がお別れのご挨拶。

次に、父ちゃんの「ファイナルゲーム」にふさわしい最後の始球式を行いました。

野球部監督のごあいさつの後、監督がピッチャー。父ちゃんの息子さんの小学生の長男がキャッチャーです。

200名が見守る中、父ちゃんの祭壇の前でミットを構える息子さん。会場の真ん中から監督が投げたボールはまっすぐと長男のキャッチャーミットに吸い込まれました。

「ストライク!」

「おおお!」

大歓声と拍手の中、最後の始球式は全員の笑顔に包まれました。

そんな父ちゃんには花よりボールがふさわしい。献花でなく献球です。野球のフィールドを模した祭壇に、一球、一球、手渡されたボールが捧げられていきます。ボールで埋め尽くされた祭壇に父ちゃんも笑顔でこたえてくれているようでした。

15:00 一部閉会

みんなに献球をしていただいたあと、奥様と子供たちからなる「チーム父ちゃん」の代表として奥様よりご挨拶。このあと隣の部屋に用意された食事会場で歓談の始まりです。

15:10 二部開式

立食でみんなで美味しい料理を食べながら、父ちゃんの思い出を語り合います。コーチである父ちゃんによく怒られた野球少年たちが父ちゃんの横断幕にメッセージを書いていく姿が印象的でした。

15:40 ご親族挨拶

奥様から最後のご挨拶。

実はここにサプライズが。お別れ会の今日の日は、父ちゃんと奥様の結婚記念日だったのです。祭壇に突然現れる結婚指輪の画像。

そして、長女から花束と子供たちからお手紙の朗読を。

涙で溢れる会場。しかし、それは悲しみの涙でなく、チーム父ちゃんへのみんなからの愛情あふれる涙だったのです。

「花束を受け取った時は、主人が隣にいるような気がして。一人なんだけど、二人でもらったように思いました。」奥様から後で伺った言葉です。

16:00 閉会

野球に生き続けた愛すべき父ちゃん。これからもみんなの心に生き続けていくことでしょう。

イメージ

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

あの人を偲びたい。その想いだけ。

お別れ会の相談をする

0120-963-925

電話受付 年中無休 9:00-24:00
全国対応


その他のプラン例


Storyが開催したお別れ会の事例

その他の非公開事例も多くあります。お手軽なものから大々的なものまで
「こんなお別れ会できるの?」とお気軽にお問い合わせください。