お別れ会・偲ぶ会とは

お別れ会とは?

お別れ会・偲ぶ会とは

お別れ会・偲ぶ会とは、どなたかがお亡くなりになった時に、家族・親族だけで、密葬の形で葬儀・火葬を行い、その後、故人に縁(ゆかり)のある方が集まって故人とのお別れをする会のことです。もともとは、著名人や芸能人など、広く名を知られた人がファンの方のために家族の葬儀とは別に開く、ということが多くありましたが、近年は、家族葬が増えたことで、一般の方でも、こういったお別れ会を開くことが増えています。

お別れ会の会費の相場

お別れ会の会費の相場

お別れ会を開く場合、一般的には主催者側が費用の大半を負担します。一方で、友人などが開く場合には、それぞれ会費を持ち寄って開催することになります。

大抵の場合、一番かかるのは会場費用です。レストランなどで行われる場合は、料理代の中に会場費用が含まれていることもあります。

会費制の場合、一人8,000円から15,000円で行われることが多いようです。これは、会場費用と飲食代、返礼品等、実際にかかる費用の頭割りに近い金額です。お通夜・お葬儀に出たときのお香典の額とほぼ同じか、少し多いぐらいの金額が会費になる傾向があります。

お別れ会に参加(参列)するときの服装・平服とは?

お別れ会に参加(参列)するときの服装・平服とは?

お別れ会に参列するときの服装ですが、まずは、主催者の方からのご案内内容をよく確認しましょう。喪服とあれば、喪服で行ったほうがいいですが、お別れ会の場合、喪服での参加を求められることは稀です。

案内には「平服でお越しください」と書いてあることが多いでしょう。平服といっても、Tシャツにジーンズのようなくだけすぎた服は好ましくありません。男性であればスーツか、ジャケット姿。女性も、シンプルで地味めな服のほうが無難です。

お別れの会は平服で大丈夫?気をつけるポイント

また、会場のホテルやレストランによっては「黒ネクタイはNG」などの制限があることがあります。そういった注意事項がある場合は、必ず従ってください。

お別れ会に参加(参列)するときのお香典

お別れ会がご親族の負担で実施される場合、会の大きさなどもありますが、一般的なお香典の額として、5,000円〜10,000円ぐらいをお香典として準備していくといいでしょう。 もちろん、主催者の方から「お香典は固くお断りします」といったご案内がある場合は、無理にお渡ししてはいけません。

会費制で行われる場合、お香典は必要ありません。

著名人のお別れ会に参加したいときは以下のページをご参照ください。

芸能人のお別れ会に参加したい。気をつけるべきことは?

お別れ会を実施したい時は、専門スタッフに相談しましょう。

お別れ会を実施したい時

あなたのご家族や友人など、大切な方がお亡くなりになった時に、普通の葬儀ではなく、お別れ会でやりたいと思ったときにはどうしたらいいでしょうか?

その場合は、次のような流れになります。

  1. お別れ会の実施会社に相談
  2. 家族だけで密葬・火葬を済ませる
  3. 参加者の規模によって会場・日程を決める
  4. 当日の進行内容を決める
  5. 事前準備〜本番
  6. アフターフォロー

お別れ会は、通常の葬儀に比べて、形式張らず、自由な内容にすることが可能です。一方で、結婚式などと同じく、人生で何度もあることではないので、悔いが残らないよう、丁寧に準備をすることが望ましいです。仲間内で相談しながらやりながらも、ところどころプロの力をかりたほうがスムーズに進むことも多くあります。

プロに任せたほうがいい理由

いろいろなお別れ会・偲ぶ会のスタイル

服装自由。野球監督のお別れ会にはユニフォーム

喪服は必要ありません

お別れ会とは、お葬式とは別に開催時期や場所にとらわれず故人を偲ぶ場で、「お別れの会」「偲ぶ会」「感謝の会」とも呼ばれます。

参加者は献花などでお別れをし、故人が生前好きだった音楽や趣味をモチーフにした空間を創りだすなど、形式がなく自由なスタイルで行うことができます。

服装も喪服である必要はなく、平服での参加を促している会が多いです。野球監督のお別れ会などではユニフォームで参加する人も。

お別れ会・偲ぶ会を行う時期は、家族葬や密葬のあと49日や1周忌に合わせて、集まりやすい土日に交通の便のよいところで行われることが多いですが、いつ行うかに決まりはないので、生前に感謝の会として行ったり、3周忌や同窓会とお別れ会を兼ねて行うなど偲びたいときに集まって偲べるのが特徴です。

葬儀と違い、準備に時間のゆとりがあるため、「故人を偲ぶ」ことを重視し、より「その人らしい」お別れができます。

経営者でなくとも会社主催で社員を偲ぶ社葬

法人のお別れ会・社葬とは

企業が開催するお別れ会です。社葬といえば、かつては大企業の経営者など数百人が参列する大規模なものが主流でしたが、近年では、法人のお別れ会でも形式ばらず故人の生き様や仕事で得た哲学などを伝え、継承したいというニーズが広がっています。そのため、中小企業の創業者や、会社に貢献をした社員を企業主催で自由なスタイルで偲ぶ100名程度のお別れ会が増えています。

立食ビュッフェ形式のお別れ会・偲ぶ会

会費制のお別れの会とは

お別れ会・偲ぶ会は、会費制で行われることも多くあります。一人8,000円から15,000円で行われることが多く、会費制にすることで主催者の負担をゼロ円にして開催できます。会場や料理を立食のビュッフェ形式にすることで、当日になって想像以上の人が参加したり、キャンセルが多かった場合でも、柔軟に対応できます。

「Story」のお別れ会・偲ぶ会

コンセプト事例 “よし、飲みに行こうか”

オーダーメイドでその人らしく

Story(ストーリー)では、お見積りを明確にお伝えしたうえで、その人らしいお別れ会・偲ぶ会をオーダーメイドでお創りいたします。私たちは、お別れ会・偲ぶ会で一番重要なことはコンセプトだと考えています。どのような会にしたいのか、どのような思いを伝えたいのかをお伺いして、ひとつづつかたちにしていくお手伝いをいたします。

会場手配、案内状発送、献花誘導承ります

主催者やご遺族の負担を軽く

ご予算や参加人数に応じて会場手配、友人関係の整理、名簿作成、案内状発送、故人を偲ぶ空間の演出、献花、司会台本作成、当日運営などをお手伝いします。

Story(ストーリー)が手間のかかる準備や当日運営を代行することで、主催者やご遺族の負担を軽くして故人と向き合う大切な時間にあてていただけます。

また、参加人数が読みにくいお別れ会で当日混乱しないように、経験豊富なスタッフが場所や飲食の量、会場レイアウトや献花などの誘導方法について、ホテルやレストランと交渉しながら手配いたします。

開催地域も、東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪、京都、愛知など全国で行っておりますのでお気軽にご相談ください。

当日の段取りもスタッフにお任せください

最後までお客様をフルサポート

多くのお客さまは、不安を感じながらご相談に来てくださいます。想いがあるのに進め方が分からない。はじめはアイデア・コンセプトがまとまらなくても大丈夫。皆さまが自信をもって誇れるお別れ会になるよう私たちが最後までサポートいたします。

Storyのお別れ会は、「~しなければいけない」のルールは全くありません。まずは大切な方への想いだけを持ってきてください。

お別れ会の事例

事例)家族、親族のお別れ会

事例)同僚、恩師、友人のお別れ会

事例)社葬、法人のお別れ会

よく生きた人には、印象深いストーリーがあります

生きた証をストーリーとして綴る

Storyでは、みなさんの生きたストーリーを形にして伝えるお手伝いもしています。

自分のルーツや生い立ちからの人生を振り返り、「自分史」として本やビデオにしたり、インターネット上に生きた証を残すことができます。

あなたの人生を1冊の本に綴る「ストーリーマイライフ」

お気軽にご相談ください

経験豊富なスタッフが、お別れ会のご相談承ります

3つのご相談方法

  • お電話で相談

    お電話でのご質問・ご相談は下記フリーダイヤルにて承ります。

    0120-963-925

    受付時間 平日9:30-18:30 相談無料

  • メールで相談

    下記の相談フォームよりお問い合わせください。担当より追ってご連絡させていただきます。

  • 対面相談

    お客様のお近くの場所までお伺いいたします。まずはお電話または相談フォームよりお問い合わせください。

  • お金

    会費制?お香典やお花代は? 予算をどう立てたらいいかわからない

  • 人数

    何人来るかわからない… 誰を呼べばいいかわからない

  • 会場

    どんな場所でやればいい? お別れ会ができる会場がわからない

  • 演出

    自分にできるのか不安… 何をしたらいいかわからない

お別れ会のご相談をされたお客様の声

  • イメージ
    殴り書きしたようなメールを、拾って、整理して、想像以上に素晴らしいお別れ会に形づけていただいたこと、感謝しきれないほどです。
  • イメージ
    最初、Storyさんに主人の詳しい話を聞いていただき、希望が持てました。
  • イメージ
    話を聞いていただき、気持ちの整理が少し進み、皆さんとのお別れの場を作りたいという思いを深くしました。

わたしたちの想い

日本人とお葬式。

変わらないこの儀式について考えました。

大切な人との「お別れ」の時間。

しかし故人とのご縁は、これで途切れてしまうのでしょうか。

そういえば、お葬式には、ともに生きたつながりを感じる場面はあったでしょうか。

儀式よりご縁。

お葬式には足りなかったものがある。

ご縁のあった人たちと「つながり」を共有する時間が必要ではないだろうか、と思いました。

そのサービスを「Story」といいます。

よく生きた人間には、かならず印象深いストーリー(物語)があります。

生きざまと出会い、愛した人たちと、ともに語らう。

そして、お別れを、ひとりひとりの未来を照らす灯りに変える。

そんなバトンタッチこそ、残された人間にとって大切な癒しや希望になるのではないでしょうか。

お別れ会・偲ぶ会のご相談を承ります
お気軽にお問い合わせください

お別れ会の相談をする

0120-963-925

受付時間 平日9:30-18:30 相談無料


お別れ会に、あの人らしさを

お別れ会の相談をする

お別れ会「Story」とは

故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ、"Story"です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。
自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、
わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで
故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、
そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?