お別れ会の事例集Case

みんなでサッカー応援コール

みんなでサッカー応援コール

サッカー、お酒、仲間、そしてご家族をこよなく愛され、人生を全うされたご主人。

急なことで友人たちの気持ちの整理がついていない、子どもたちにも主人の生きた証を残したい、という奥様の想いから、お別れ会を開催しました。

たくさんの仲間に囲まれて、ご主人も同じ空間で一緒にお酒を飲んでいるような、明るい会になりました。


サッカーとお酒が大好きでスポーツマン、湿っぽいことを好まなかった故人らしい会にするために、開放的な雰囲気のスポーツバーでの開催となりました。

白いピンポンマムをサッカーボールに見立て、献花をしていきます。

みんなの想いが祭壇に作られたサッカーゴールに集まっていきます。

会場内には、いたるところに故人が大切にされていたスパイクやサッカーボールなどのグッズを飾りました。

サッカー日本代表のユニフォームに、みんなで寄せ書きをしました。

「ありがとう」「見守っていてね」

温かいメッセージが寄せられました。

食事中は時間を忘れ、苦楽をともにした懐かしさから自然と笑顔がこぼれます。

思い出話に花が咲き、またいつもみたいにみんなで楽しく飲んでいるような気がしました。

スピーチでは、それぞれが涙する場面も。

スポーツや仕事にいつも全力で仕事に取り組み、家族に愛され、友人、同僚からも慕われていたということが多く語られていました。

締めくくりは、奥様からのご挨拶です。

故人が生きた証をこのような形で残すことができ、子どもたちにも伝えることができました。

記念撮影中や閉会後には、故人のサッカーの応援コールが自然とわきあがったことで、良い表情です。

お見送りに流れる曲は、BEGINの笑顔のまんまです。

故人らしく元気に明るく締めくくる、一歩踏み出せるようなお別れの会となりました。


Case

お客様の声

お客様の声

皆さんの準備がありとてもよい雰囲気の中お別れ会ができたなぁと思っています。

みんな初めてのお別れ会で最初は戸惑ってましたが最後は自然に盛り上がってましたね。あのコールが最後に聞けてわたしもやってよかったと思いました。  

ほかの友人も行けてよかったと言ってくれて私のやるべき事もようやく一区切りついたなぁと思ってほっとしています

お別れ会をこのように自分だけの思い出として残っただけでなく、同じような方々のためにこうして事例として残せたことはやはり良かったと掲載をみておもいました。

自分たちだけではこんなにきちんとしたお別れ会をすることはなかなか難しかったとおもいますのでstoryさんにお願いして良かったです。

お別れ会ノート

テーマ To Friends ~SOCCER & BEER~
キーワード サッカー、お酒、友達
コンセプト 「SOCCER & BEER」
両方とも全力で楽しんだ
そこに大好きな仲間がいたから
今日もまたいつもみたいに皆で飲もう!
会場 スポーツバー(東京都品川区・大崎駅)
参加 家族、ご友人 55名
内容 献花、スライドショー上映、思い出スピーチ

お別れ会・偲ぶ会のご相談を承ります
お気軽にお問い合わせください

お別れ会の相談をする

0120-963-925

受付時間 平日9:30-18:30 相談無料


Storyのお別れ会事例

その他の非公開事例も多くあります。お手軽なものから大々的なものまで
「こんなお別れ会できるの?」とお気軽にお問い合わせください。


お客様の声・インタビュー


お別れ会ができる会場

Storyのお別れ会は、場所ありきで企画を決めるものではありません。
主催者の方の意見をお伺いして、企画の内容に沿った会場を探すところからお手伝いをいたします。

お別れ会に、あの人らしさを

お別れ会の相談をする

お別れ会「Story」とは

故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ、"Story"です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。
自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、
わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで
故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、
そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?