お別れ会の事例集Case

オーストラリアの愛に包まれて

オーストラリアの愛に包まれて

若くして亡くなった故人ですが、その人生はオーストラリア、メルボルンでの運命の人との出会いによってとても充実して輝いたものになりました。

誰にでも突然の不幸はあるからこそ、
故人を思い出したときに健康の大切さを思い出してほしいという想いでご相談をいただきました。

故人へのメッセージカードやスピーチで、さまざまな場面でみんなの愛を感じられたお別れ会になりました。


 

会場に足を踏みいれると、オーストラリアに由来のある華やかな色合いのお花をあしらった祭壇が迎えてくれます。

メルボルンという遠く離れた地で、夫婦で支えあいながら懸命に治療を続けた故人を想い、献花をしていきます。

会場内には、思い出のコーナーも設置しました。

飾られたお写真をみて涙したり、思い出を語ったりする人も。

故人にあてて思い思いのメッセージを綴り、木の枝に結び付けていきます。

みんなのメッセージが集まって、思い出のコーナーができあがりました。

会の始まりに放映したオープニングムービーは、旦那様が故人を想い作成したものです。

みんなが注目し、思い出がよみがえりました。

続いては、旦那様やお母様のご挨拶や、故人と親交の深かった方からのエピソードやお別れの言葉に、耳を傾けます。

どのエピソードからも、メルボルンで充実した毎日を送っていた故人の姿が思い浮かび、みんなに愛されていたことを感じます。

食事中にも、故人との思い出のエピソードは続き、涙あり笑顔ありの和やかな時間が過ぎていきました。

最後にお父様からのご挨拶に耳を傾け、遠く離れた地にいる故人のことを思う気持ちや、故人や旦那様とメルボルンでの観光を楽しんだエピソードなどをお話していただけました。

閉会の時間を迎えても、名残惜しさを感じ祭壇の前で記念撮影をしたり、思い出のコーナーを眺めるみんな。

初めて会った人もいるはずなのに、それを感じさせないようなアットホームで一体感のあるお別れ会となりました。


Case

お客様の声

お客様の声

儀礼的な葬儀より故人を知っている人々に集まっていただき思い出を語り合い、

それまでの生き方、人生を知ってもらったことは故人への良い供養となりました。

当日、朝早くからリハーサルをしていただき、会を和やかな良い会にする為にお気遣いいただき感謝しています。

とても良いお別れの会にしていただいて、やはり頼んでよかったなと思っております。
本当にありがとうございました。

お別れ会ノート

テーマ オーストラリアの愛に包まれて
キーワード 笑顔、旦那様との出会い、人生
コンセプト 人生がまるっきり変わる国、オーストラリアで故人の人生は新しく素敵に輝くものになりました
故人を囲んでまるでオーストラリアにいるかのように
笑顔で語らいましょう
会場 ホテル(東京都八王子市・八王子駅)
参加 ご家族、ご友人 50名
内容 献花、オープニングムービー、スライドショー、思い出スピーチ、思い出コーナー

お別れ会・偲ぶ会のご相談を承ります
お気軽にお問い合わせください

お別れ会の相談をする

0120-963-925

受付時間 平日9:30-18:30 相談無料


Storyのお別れ会事例

その他の非公開事例も多くあります。お手軽なものから大々的なものまで
「こんなお別れ会できるの?」とお気軽にお問い合わせください。


お客様の声・インタビュー


お別れ会ができる会場

Storyのお別れ会は、場所ありきで企画を決めるものではありません。
主催者の方の意見をお伺いして、企画の内容に沿った会場を探すところからお手伝いをいたします。


新着記事/お別れ会ガイド

お別れ会に、あの人らしさを

お別れ会の相談をする

お別れ会「Story」とは

故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ、"Story"です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。
自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、
わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで
故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、
そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?