江の島ヨットクラブ会長、青山篤さん感謝の会
Storyのお別れ会/事例ご紹介

絆はもやい結びで!
江の島ヨットクラブ会長、青山篤さん感謝の会

江の島ヨットハーバー(神奈川県藤沢市)
約500名

2019年4月10日に逝去された江の島ヨットクラブ会長、青山篤さんを偲び「Bocci青山さん感謝の会」が5月26日、江の島ヨットハーバーで開かれました。「お別れ会」ではなく、故人が結んでくれた縁に感謝を伝えるというこの会。会場となったヨットハウスには、約500名の参列者が集いました。

青山さんとの写真を持ち寄って思い出を語る会

「感謝の会」では、14時から18時まで会場をオープンにして、参加者は自由に訪れ、故人に思いを馳せる時間を共有しました。
会場には写真を貼るスペースも用意され、故人との想い出の写真を参加者が持ち寄って、在りし日の思い出を語り合いました。

もやい結びを献じて、故人との深い絆を新たに

海をモチーフにした祭壇は、青を基調に向日葵の色合いが映えて、まるで海面に輝く日の光のようです。遺影の前には真っ白なロープが上下に2本渡してあります。会場を訪れた方々はもやい結びを献じます。

もやい結びは、古くから船を岸につなぐ結び方で、数あるロープの結び方の中でも最強といわれています。結びやすく、強い力引っ張られれば引っ張られるほど強く締まり、さらにほどく時は簡単にほどけるという特徴から、「キング オブ ノット」とも呼ばれています。

海を愛した故人との縁を強く結ぶという思いが込められています。

もやい結びを献じて、故人との深い絆を新たに

料理は青山さんの差し入れの定番、コロッケとカレーパン

太平洋選手権入賞や全日本選手権での数々優勝経験を持つ青山さんは、後年は次世代のセーラーの育成に積極的に取り組みました。

日本初の本格的なジニアヨットクラブ、江の島ヨットクラブジュニアで、小学生から高校生まで若手の育成に力を注ぎ、クラブの子どもたちが世界を舞台に活躍する日を楽しみにしていました。

お別れの場では青山さんがいつも差し入れで持ってきていたコロッケとカレーパンを皆で食べながら、2020年の東京オリンピックを待ち望んでいた故人を偲びました。

たくさんの方が集まりその功績をたたえました

※画像は”Enoshima Yacht Club 江の島ヨットクラブ”Facebookより引用。

※本記事は、2019年5月26日に「はじめてのお葬式ガイド」に掲載された記事を転載しています。


5/5 (4)

お別れ会ノート

会場
江の島ヨットハーバー(神奈川県藤沢市)
参加
約500名

大切な方を偲び、思い出を語る「お別れ会/偲ぶ会」

お別れ会・偲ぶ会というと、著名人や経営者の方が行うイメージがありますが、実は最近では一般の方が行うケースも少なくありません。そんな中で「何をどのように進めたらいいのかまったく分からない…」というご相談をいただくことも増え、そのようなお客様のご要望にお応えするために、私たち「Story」はお別れ会プロデュースを行っています。

「Story」では、参加される方々にご満足いただけるお別れ会をオーダーメイドでお創りします。ご相談やお見積りは無料で行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

0120-963-925 受付時間 平日9:30-20:00

メールでも相談をお受けしています。お気軽にお問い合わせください。

お別れ会・偲ぶ会なら「Story」

会場手配、準備から当日進行まで、経験豊富なスタッフがお手伝いします。

まずはご相談ください(相談無料)

電話
0120-963-925 受付時間 平日9:30-20:00
メール
メールでも相談をお受けしています。
ご不明な点などはお気軽にお問い合わせください。

ご利用の流れ

  • 1. お打ち合わせ

    故人への想い、ご要望などをお伺いしその内容をもとに、その人らしいお別れ会のご提案をいたします。

  • 2. 会場決定

    お客様のご要望に合わせて会場候補をご提案いたします。

  • 3. 人数・日取り決定

    参加人数や、集まれそうな日程を検討します。リストの作成や案内状の送付のお手伝いも可能です。

  • 4. コンセプト決定

    故人の個性、ストーリーを表現するコンセプトをお作りし、ご提案いたします。

  • 5. アイデア出し、準備

    コンセプトを元にご一緒にアイデアを出しながら具体的なイメージを作っていきます。

  • 6. お別れ会当日

    当日は進行に合わせて、担当プランナーがサポートします。

私たちの想い

故人を想う人が、故人との思い出を
自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える
新しいお別れのカタチ、”Story”です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?