Case

縁ー彼を囲んで語り合う

イメージ

秋晴れの空と澄んだ空気が心地よい日曜日、開放的なカフェレストランで開催されたお別れ会。
現場が好きで、やさしくて穏やかな人柄で皆から慕われていた故人。
社内だけでなく取引先から多くの方が参加されました。


イメージ

イメージ

祭壇の横に並べられた、作業着や趣味だった釣りの道具。
釣った魚をさばいて、よく家族に振る舞っていたそうです。

イメージ

イメージ

イメージ

遺影を縁取る草花、祭壇の下に引かれた芝は故人が務めた会社の製品。
「たくさん叱られ、共に泣き、今の自分があるのも所長のおかげです」

営業所の立上げに全力を尽くした彼の仕事は、彼の育てた人材が後を継いでいます。

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

「大きくなったなあ」
社員の子供たちに、周囲が話しかける場面も。

イメージ

遺影の前で語り合い、故人の人生を振り返り、会社の未来を考える。
共に見た夢を叶えるために、これからも仲間たちと歩み続けていきます。

Case

Storyより

イメージ
前職からの付き合いで、25年の仲でだという社長自ら、営業所長である故人を偲びたいと企画したお別れ会。
故人のひととなりから、形式ばったものではなく、Storyのお別れ会が似合う気がするということでご相談をいただきました。

祭壇は、男前な故人をイメージしてデザイン。返礼品は、趣味の釣りにまつわる海産物を、故人の地元から取り寄せご用意しました。

お別れ会ノート

テーマ 縁-EN-
キーワード 縁、庭園、芝、ほほえみ
コンセプト 故人の笑顔が思い出されるお別れ会
会場 カフェレストラン(東京都江東区・豊洲駅)
参加 家族・会社仲間・取引先 70名
内容 献花、スピーチ、軽食

0120-963-925

平日10:00-17:00