Case

よし、飲みに行こうか

イメージ

一緒に深夜まで仕事に打ち込み、酒を酌み交わした日々。
エンジニア一筋で、棟梁のような存在だった。

今日は日本酒をたらふく飲んで、あの頃の思い出を語り合おう。


イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

祭壇の前にはおちょこがずらり。

イメージ

おちょこに日本酒を注ぎ、手を合わせる‟献酒”で故人を偲びます。

イメージ

イメージ

イメージ

「今日は、彼のお別れ会なんだから日本酒縛りだな」
故人が大好きだった日本酒がずらりと並んだカウンターの横で、献杯。

イメージ

イメージ

イメージ

「『今日は、暇か』と声をかけられると、飲みの誘いが来たな、と思ったものです」
スクリーンに会社の歴史と彼の歩んだ人生が流れると、あの時はこうだった、こんなこともあった、などと話が弾みます。

イメージ

イメージ

イメージ

歓談中も祭壇に献杯される方が後を立ちませんでした。

イメージ

イメージ

イメージ

祭壇のおちょこに注いだお酒は最後まで会場に残った仲間たちで、故人を偲んで飲み干しました。
会社激動の時代を共に戦った友人のことを、忘れることはありません。

Case

Storyより

イメージ
突然お亡くなりになった故人のお別れ会をしたいと、ご連絡をいただきました。よく仕事帰りに皆をつれて居酒屋でお酒を飲んでいたエピソードや、故人のお人柄から自然にテーマや会場が決まりました。
日本酒がお好きだったとのことで、装飾には日本酒のラベルや一升瓶を使用。

会社の若手からOBまで多くの方が参加され、遺影を囲んでお酒を飲む光景に、故人のひととなりを感じることができました。

お別れ会ノート

テーマ よし、飲みに行こうか
キーワード 日本酒、仕事仲間、宴
コンセプト 故人の大好きな日本酒を片手に、懐かしい思い出を語り合う
会場 日本酒居酒屋(東京都荒川区・上野駅)
参加 家族・会社仲間・OB 70名
内容 献酒、思い出スピーチ、社史と共に人生を振り返るスライドショー

0120-963-925

平日10:00-17:00