事例Case

遺族会さくらさくら ありがとうを込めて

実施後インタビュー

遺族会さくらさくら ありがとうを込めて

日々、ご利用者の自宅を回って病状や療養生活を看護の専門家の目でケアしたり、アドバイスしたり、訪問看護ステーションの仕事は多岐にわたります。
「訪門看護ステーション はーと」では、緩和ケアやターミナルケアなども行っているので、時には死別を経験しなければならないこともあります。

ー1年に1回でもいい、ご家族と思い出をゆっくりと語り合える機会がつくれないだろうか。
そんなご相談から、今回の『Story』は、はじまりました。


いつもは、気軽に立ち寄ってコーヒーが飲めたり、いろんなセミナーが開催されたりする、訪問看護ステーション併設の「みのりカフェ」。
見慣れたカフェのテーブルも、白いクロスを掛けるだけで雰囲気が変わります。

 

 

当日の朝はさわやかな青空となりました。
「訪問看護ステーション はーと」ご利用者16家族と、ドクター、看護師さん、スタッフのみなさん。

久しぶりの再会に、自然と笑顔が生まれます。

見慣れたカフェのテーブルも、白いクロスを掛けるだけで雰囲気が変わります。
あらかじめ、思い出の品を持ってきてください、とお願いしたところ、記念写真、表彰状、好物のチョコレートなどが集まりました。

 

ひとつずつ祭壇に並べていきます。

 

看護師さんたちも手に取って、元気だった頃の姿に想いを馳せます。

 

ハープによる献奏

祭壇や窓際の桜が咲くカフェで、ハープの献奏が始まりました。
目を閉じ、大切な人との記憶を思い出す人、体を揺らしながら音色に聞き入る人、涙する人。

 

 

 

 

 

ひとりひとり、白いカーネーションを献花します。
大切な人に手を合わせ、偲び、祈り、そしてまた笑顔でいられるように。

あの頃の話題は、病気のことばかりでした。
いまはこうして、おいしいものをおいしいねと笑いながら、大切な人との思い出を分かち合うことができるようになりました。

 

 

食事がひと段落したところで、ひとりひとりにカードが渡されました。
このカードに、大切な人へのラブレターを書いていくのです。

 

 

心のこもったラブレターを、一枚一枚祭壇に貼っていきます。
会が進むにつれて、祭壇にみんなの想いが反映されていくのです。

 

参加なさったご家族全員、大切な人を自宅で看取ったという経験があります。
だからこそ、わかりあえることも、わかちあえることもある。

 

大切な方にお手紙を書いてきたご家族も。
あの頃は言えなかった気持ちを、いまここで伝えます。

 

 

そして、たくさんの笑顔と会話で会が締めくくられました。
大切な方の楽しい思い出。ご家族自身のこと。ドクター、看護師さんのこと。

ここから、また新しい毎日が始まっていきます。

Case

Storyより

遺族会さくらさくら ありがとうを込めて

ご家族が笑って思い出を語れるような明るい会にしたい。そんな想いをお聞きし、季節の花・桜と「ありがとう」をテーマに、温かい雰囲気づくりに努めました。
ご依頼からわずか2週間という短い期間でしたが、綿密なお打ち合わせや看護師さん、スタッフのみなさんの心くばりにより、ご家族にとっても思い出に残る会となったのではないでしょうか。

実施後インタビュー/遺族会さくらさくら ありがとうを込めて
実施後インタビュー

訪問看護に新たな取り組み。ご家族たちと一緒につくりあげた「遺族会」

株式会社ウッディ 木戸恵子代表取締役

お別れ会ノート

テーマ ありがとう
キーワード さくら、思い出、明るく
コンセプト 非日常的な空間でゆったりと、大切な故人をみんなで囲んで明るく。思い出話に花が咲く
会場 みのりカフェ(東京都葛飾区・金町駅)
参加 ご遺族、医師・看護師・スタッフの方々 50名
内容 追悼の言葉・黙祷、カーネーションの献花、ハープによる献奏、 軽食、大切な方へのラブレター記入

その他の事例

その他の非公開事例も多くあります。お手軽なものから大々的なものまで
「こんなお別れ会できるの?」とお気軽にお問い合わせください。