Case

父ちゃんのお別れ会

実施後インタビュー


死ぬ準備はむしろ楽しんでいました。
妻である自分が泣き崩れるのをみんなに見せたくない、だからお葬式は家族だけで、と言っていました。

悲しいのに、参列者にありがとうと言わないといかんの。
大丈夫と聞かれて大丈夫と言わないといかんの。

お葬式から半年くらい経ったらお別れの会をして、友達やお世話になった同僚、お客さんにありがとうを伝えよう。
そんな話をして年が明けた1月、父ちゃんは亡くなりました。


イメージ

少年野球のコーチを6年、息子の野球の応援を9年。
本当は、高校生のあと3年間、応援をしたかった。

イメージ

人との縁を大切にし、野球と家族を愛した「父ちゃん」。
強くて、がつんと怒る親父で、人の子も叱り、褒め、言いにくいことも言う。

だから、近寄りがたいと思う人もいたけど、ファンもたくさんいました。

イメージ

高校時代の仲間、チームの子供たちとその両親、仕事の同僚や上司、息子や娘の同級生。
こんなにたくさんの人が集まってくれたよ。

父ちゃんが築いたつながりが、ひとつになって父ちゃんを囲んでいる。

目を閉じると、試合の時の応援姿、子供たちを叱る時の怒号、励ます時の手の温かさ、たくさんのことが浮かんできます。

イメージ

イメージ

「父ちゃんのお別れ会」は始球式から始まりました。

イメージ

式が始まる前の、練習。
夏の空の下での練習風景と、父ちゃんの「練習終わり!」という声が頭の中によみがえってきます。

イメージ

「プレイボール!」
野球の試合開始の掛け声が会場に響き、会場が緊張に包まれます。

ボールが祭壇に向かって勢いよく投げられ、見事キャッチに成功。拍手が巻き起こりました。

イメージ

父ちゃんには、焼香や献花よりも、『献球』が似合う。
ひとりひとつ野球ボールを受け取り、祭壇に向かいます。

イメージ

イメージ

野球が本当に大好きで、会社のチームをつくったり、地域の野球チームでコーチを務めたりした父ちゃん。
息子の野球や娘のバレーボールでの活躍も、全力で応援しました。

仕事には熱く、プライドを持ち、お客さんにも愛されていました。

旅行やキャンプが好きで、高校の卒業旅行、会社の先輩や同僚、友人、家族との記念写真がたくさん出てきます。

イメージ

イメージ

ボールを芝生に置くと、スクリーンの父ちゃんがキャッチしてくれるような気がしました。
語りかける人、涙を浮かべる人、笑顔で小さく手を振る人。

イメージ

「3人の子の父ちゃんは、食べることも作ることも好きで、おかげでわたしたちはコロコロです。
―とにかく、熱い人でした。50歳の生涯を閉じるその瞬間まで、全力プレーでした」

イメージ

「立派な大人になります。
肉体が亡くなるだけで、存在はずっとある。たまには夢に出てきて叱ってください」

その日は、22回目の結婚記念日。

イメージ

式の最後、結婚祝いに子どもたちがサプライズで花束を用意してくれました。

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

「父ちゃんは、言葉が話せなくなるだけで近くにおるぞと言っていました」

イメージ

イメージ

イメージ

父ちゃん、天国で見ているかな。家族みんな、笑顔になれたよ。
『チーム父ちゃん』は、これからも元気に、明るく前を向いて歩いていくからね。

Case

Storyより

イメージ
野球を愛し、奥様を愛した「父ちゃん」。
予定をはるかに上回るご参列者と、その年齢の幅広さに、父ちゃんのお人柄が表れていました。野球がテーマということで、祭壇には野球バッドやチームの団旗を配置。献球や始球式なども取り入れ、世界に一つのお別れ会となりました。

また、お別れ会当日が結婚記念日ということで、サプライズで花束をご用意させていただきました。

 

イメージ

実施後インタビュー

野球が大好きだった父ちゃんのファイナルゲーム

名前:加藤さん(奥様)/ ユウスケさん(ご子息)

お別れ会ノート

テーマ 野球
キーワード 野球、仕事、最愛の家族
コンセプト 野球が大好きだった「父ちゃん」を囲む、ファイナル・ゲーム
会場 葬儀斎場(愛知県名古屋市・名古屋駅)
参加 家族・親族、野球や仕事、同級生など185名
内容 始球式、献球、こどもたちによるサプライズ結婚記念日祝い、横断幕への寄せ書き

0120-963-925

平日10:00-17:00