事例Case

横浜の海を感じる空間で

実施後インタビュー

横浜の海を感じる空間で

最期の言葉は、「いい人生だったよ。」

濃く幸せな一生を過ごせたのは、人生という旅の中で出逢ったみんなのおかげ。

旅が大好きで、訪れた先々で多くの出会いがあった故人。

だからこそ、新たな旅に向かう前にありがとうと伝えたい。

「お別れだけど、皆の心に残る1日にしたい」という奥様の想いから実現した、今回のお別れ会。


祭壇は、ご夫婦の出会いのきっかけとなった海をイメージしたもの。

横に飾られたパネルは、大好きなダイビングをした時の写真です。

水泡に見立てた丸いカードに、故人へのメッセージを綴ります。

「ありがとう」「よく休んでね」

故人をいたわり、思いやるような、心のこもったメッセージで溢れます。

献花ではなく、故人がダイビングをした時に集めた貝に、沖縄の泡盛「どなん」を献酒します。

「みなさまに見ていただきたいのは、貝と旅の写真に尽きます。」そんな奥様の意向を汲み、

故人のために、それぞれの想いを込めながら貝にお酒を注ぎます。

オープニング動画では、思い出の写真を使用したスライドショーを流します。

動画の中には大ファンだったテレサ・テンのお墓の写真も。

歌を通じて海外の方とも積極的に交流をされたそうです。

15年程前から東南アジアを中心に旅をしていた故人。

旅のアルバムは、いつも目に届く場所に置きたがっていたそうです。

「こんな頃もあったなあ。」写真を指差し、懐かしい気持ちに浸ります。

歓談中は、再会を喜ぶ姿、故人を偲ぶ姿、抱き合う姿など、同窓会のような雰囲気です。

式の終盤では、ご友人の方々が故人に向けたお手紙を読み上げます。

すすり泣く声が聞こえ、涙を流す方も見受けられました。

最後は、奥様からのご挨拶です。

「すぐに葬儀を行わなかったことで心苦しい気持ちがありました。

しかしこのような会を開くことで、主人との別れを惜しみながらも、温かく見送ることができます。

ありがとうございました。」

貝に注いだお酒は、会場に残った友人たちで飲み干しました。

故人が海で集めた貝は、みんなで分け合って持ち帰ります。                

亡くなった後も故人との繋がりができました。

きっと、「よかったよ、ありがとう」と見守っていてくれていることでしょう。

Case

Storyより

横浜の海を感じる空間で

生前、お葬式はしなくてよいと言っていた故人ですが、

多くの方が心配してくれているし、

親しい人にとってはさよならを言わずにずっと別れてしまうのは辛いと伝えると、

紙に招待リストを作ってくれたそうです。

故人が大好きな人たちや、モノに囲まれたお別れ会。

会の後半には貝に献酒した「どなん」を皆で回し飲みをしたりと、とても和やかな雰囲気でした。

実施後インタビュー/横浜の海を感じる空間で
実施後インタビュー

今思うと、普通の葬儀では味わえない会になりました

名前:石川さん(奥様)

お別れ会ノート

テーマ いい人生
キーワード 旅、海、出会い、仕事
コンセプト 旅が大好きで、多くの出会いがあった故人。だからこそ、新たな旅に向かう前にありがとうと伝えたい。「お別れだけど、皆の心に残る1日にしよう」
会場 シェアスペース(横浜市西区・桜木町駅)
参加 家族、会社仲間 50名
内容 献酒、思い出スピーチ、メッセージカードの記入、人生を振り返るスライドショーなど

その他の事例

その他の非公開事例も多くあります。お手軽なものから大々的なものまで
「こんなお別れ会できるの?」とお気軽にお問い合わせください。