月亭可朝さんのお別れ会と一般人の参加について

落語家の光がまた一つ消えました。
2018年3月28日。落語家・漫談家として活躍する月亭可朝さんが、兵庫県内の病院でお亡くなりになりました。

1969年にヒットした『嘆きのボイン』で知る人も多いのではないでしょうか。

今回は、「月亭可朝」さんの経歴を振り返ると共に、お別れ会の有無や一般人の参加について見ていきたいと思います。

月亭可朝さんのプロフィール

・本名: 鈴木傑(すずき・まさる)
・生年月日:1938年3月10日(享年80歳)
・出身地:神奈川県横浜市
・所属事務所:なし(フリー)

『カチョヤン』の愛称で親しまれていた、月亭可朝さん。
1958年に、3代目林家染丸に入門しました。
そのときに『林家染奴』の高座名をもらい、翌年4月に初舞台にあがりました。(大阪:千日劇場)

すぐに破門となってしまいますが、1961年に3代目桂米朝に再入門しました。このときに名前を『桂小米朝』にしています。

1967年に、後にずっと付き添うこととなる『初代月亭可朝』を襲名します。
自作の歌を漫談に使う、独特のスタイルが印象的だった月亭可朝さん。

なんと、その後に歌のレコード『嘆きのボイン』をリリースし、大ヒットを飛ばしています。

それからというもの、月亭可朝さんはすぐに、『ヤングおー!おー!』や『11PM』などの人気番組にレギュラーで抜擢されるほどの人気になりました。

当時の「スッポンメガネ」と称した、丸メガネ・チョビ髭・ブレザージャケットにカンカン帽という装いは、記憶に新しい人もいるのではないでしょうか。

私生活においては、婚約者から訴えられたり、ストーカー事件を起こしたりと、波乱万丈かつ破天荒ぶりが伺えます。

ストーカー事件を機に、一時謹慎となっていましたが、2001年には参院選に出馬しています。
惜しくも落選となってしまいましたが、当時話題になりました。

月亭可朝さんの死因は?症状はいつから?

月亭可朝さんの死因は、急性肺繊維症と診断されています。

歳をとるにつれて、身体が弱くなり、杖をつく姿が度々目撃されていました。

亡くなる直前の様子を知る人は少なく、永眠への経緯はわかっていません。

お通夜・葬儀は近親者のみで密葬で執り行われました。

破天荒なその姿は笑いをくれた

波乱万丈で破天荒な人生を歩んだ月亭可朝さん。
その憎めないキャラクターから、たくさんの人から親しまれていました。

月亭可朝さんの突然の訃報に、悲しみの声が多く見受けられました。

今も続く名番組の司会を務めていました。

とても信じられないと言った声が多く寄せられました。

天国でも漫談をしているのでしょうか。

心よりご冥福をお祈りいたします。

お別れ会の日程は?一般人は参加できる?

月亭可朝さんのお別れ会は、既に行われました。

・2018年4月24日PM1時〜
・大阪市福島区 八聖亭

落語家の桂文珍さんを始め、多くの著名人が参列しました。一般人の参加も認められ、当日は多くの献花がされました。

会場では『嘆きのボイン』が流れていました。

お別れ会・偲ぶ会のご相談を承ります
お気軽にお問い合わせください

お別れ会の相談をする

0120-963-925

受付時間 平日9:30-18:30 相談無料


Storyのお別れ会事例

その他の非公開事例も多くあります。お手軽なものから大々的なものまで
「こんなお別れ会できるの?」とお気軽にお問い合わせください。


お客様の声・インタビュー


お別れ会ができる会場

Storyのお別れ会は、場所ありきで企画を決めるものではありません。
主催者の方の意見をお伺いして、企画の内容に沿った会場を探すところからお手伝いをいたします。


新着記事/お別れ会ガイド

お別れ会に、あの人らしさを

お別れ会の相談をする

お別れ会「Story」とは

故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ、"Story"です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。
自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、
わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで
故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、
そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?