よくある質問Q&A

芸能人のお別れ会に参列したい。気を付けるべきことは?

お別れ会 

芸能人のお別れ会に参列したい。気を付けるべきことは?

参列可能なケースが多い

タレントや有名人のお別れ会は葬儀後の約1〜2カ月後に行われるのが一般的です。タレントや有名人のお別れ会の場合、「ファンなど一般の人も参列して良いのだろうか」と疑問を持つ方も少なくないでしょう。

 

公式HP等を確認をする必要はありますが、実際お別れ会にはファンでも出席可能なケースも多くあります。これは葬儀の後にファンや社員、教え子など親族以外の人に向けて開くという意味もあります。もし大好きなアーティストや俳優などが亡くなった際にお別れ会が開かれる場合には、きちんとマナーを守った上で参列しましょう。

 

 

参列の際は、きちんとお知らせを確認する

タレントや有名人のお別れ会に参列するときには、葬儀と同様にいろいろなマナーに注意する必要があります。開催される場合は、公式HP等でお知らせがあると思うので、まずは内容を確認しましょう。

 

具体的な案内がない場合、例えば服装については、必ずしも喪服で参列する必要はありません。ただし、故人を偲ぶ会場にて極端に派手な服装は避けましょう。基本的に「平服」で参列できるとしても、黒などの控えめな色合いやデザインの服装を選ぶことが大切です。

 

また、タレントや有名人のお別れ会の香典は一般人と違い不特定多数の人が参列するため、特に用意する必要はありません。供花については会場に献花台が用意されていることがありますので、事前に通達などを確認した上で持参しましょう。

 

 

タレントや有名人のお別れ会の例

具体的なタレントや有名人のお別れ会を見てみると、例えば2015年に亡くなった漫画家の水木しげるさんのお別れ会では、東京の青山葬儀所にてファンや著名人約8000人の方々が参列したことが大きなニュースとなりました。会場には献花台も用意され、大勢のファンが水木しげるさんとの最後の別れを惜しみました。

 

また、2017年に亡くなった俳優の松方弘樹さんのお別れ会は、東京プリンスホテルにて約800人が参列しました。松方さんの場合ホテルにてお別れ会が開かれましたが、ファンも自由に参列しています。

 

このようにタレントや有名人のお別れ会は、ファンならば誰でも参加できるセレモニーです。きちんとお別れを伝えたいと思う方はぜひ参列してみましょう。

個人でも芸能人のようなお別れ会を開くことができます

最近、密葬や家族だけでの葬儀が増えてきた関係で、お葬儀に参加できない方が増えてきました。その一方でお世話になった方に一言感謝を伝えたい、などの理由で、ご遺族様のご自宅に弔問に訪れる人が増えています。

そこで、一般の個人の方でも、葬儀が終わってしばらくしてから、お別れ会を開催する人がふえてきました。当日のイベントの内容や進行、出席者の対応などに手間がかかることから、運営をプロに頼む人も増えてきました。

私たちは、日本初のお別れ会プロデュースサービスとして、お別れ会の開催のサポートをしています。ご興味の有る方は、ぜひ一度お問い合わせ下さい。


会費でできる大切な人のお別れ会サービスをご用意しています。

0120-963-925

土日祝は 070-5027-6943



Storyのお別れ会事例