岸井成格さんのお別れ会と一般人の参加について

毎日新聞社で特別編集委員を務めるほか、TBS系ニュース番組『NEWS23』でアンカーを務めるなど、数々の活躍をしていた岸井成格さんが、2018年5月15日午前3時35分、東京都の自宅でお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りいたします。

今回は、「岸井成格」さんの経歴を振り返ると共に、お別れ会や一般人の参加について見ていきたいと思います。

岸井成格さんのプロフィール

・本名: 岸井成格(きしい・しげただ)
・生年月日:1944年9月22日(享年73歳)
・血液型:A型
・出身地:東京都
・出身校:慶應義塾大学法学部

1967年、慶應義塾大学法学部法学科を卒業。同年4月に記者として毎日新聞社に入社しました。

西部本社熊本支局を経たのちに、東京本社政治部に異動。1970年のことです。

その後、外信部への異動やワシントン特派員ののちに、サンデー毎日編集部へと異動します。

岸井成格さんの活躍は非常にめざましく、2013年についに「特別編集委員」の肩書きを手にします。

コメンテーターとしても活躍していた岸井成格さん。
ニュース番組や朝の情報番組に出演していましたが、「特別編集委員」になるに伴い、TBS系ニュース番組『NEWS23』のキャスターに任命されます。

また、以外のような大学教授や塾の講師、協会理事長としての顔も持っていた岸井成格さん。そのマルチな活躍は素晴らしいものでした。
・早稲田大学政治経済学部客員教授
・非常勤研究員
・大隈塾講師
・NPO法人日本ニュース時事能力検定協会理事長
・一般社法人アジア調査会顧問
・21世紀臨調運営委員

『NEWS23』の他にも、『サンデーモーニング』や『みのもんたの朝ズバッ!』、『サンデープロジェクト』にも出演していた岸井成格さん。
きっと多くの人が、その姿を見ることがあったのではないでしょうか。

岸井成格さんの死因は?症状はいつから?

岸井成格さんの死因は、肺腺がんとされています。

岸井成格さんが、がんだと最初に診断されたのは、2007年11月のことです。
この時に診断されたのは「大腸がん」でした。

それから、岸井成格さんの長い闘病生活が始まります。
大好きだったタバコも辞め、定期的に病院に行き、検査を怠らない真面目ぶりだったようです。

休業はしたものの、テレビへ復帰することとなった岸井成格さんですが、その激ヤセぶりから心配の声が多くあがりました。

亡くなる前日、岸井成格さんが
「体調は良くないが、カステラなら食べられる」
と言い、奥さんが用意したというエピソードがありました。

岸井成格さんの葬儀・告別式は、近親者のみで行うとのことです。

その鋭い言葉に救われた人たち

決してブレず、自分を持った発言から多くの支持を得ていた岸井成格さん。
SNS上でも、残念に思う声が集まりました。

多くの人の希望となっていた岸井成格さん。
一般人のみならず、たくさんの著名人からも慕われていたことがよくわかりますね。

お別れ会の日程は?一般人は参加できる?

岸井成格さんのお別れの会は、下記の日程で開かれます

日程 6月18日 午後4時から
場所 東京都千代田区一ツ橋2の1の1の如水会館2階
   「スターホール」

発起人 朝比奈豊毎日新聞社会長、丸山昌宏同社社長、石原俊爾TBSテレビ会長、武田信二同社社長、関口宏さん。

一般の方の献花も可能とのこと。

ただし、弔電、香典、供花、供物は辞退するのことです。

お問合せは毎日新聞社東京本社総務部まで。

お別れ会・偲ぶ会のご相談を承ります
お気軽にお問い合わせください

お別れ会の相談をする

0120-963-925

受付時間 平日9:30-18:30 相談無料


Storyのお別れ会事例

その他の非公開事例も多くあります。お手軽なものから大々的なものまで
「こんなお別れ会できるの?」とお気軽にお問い合わせください。


お客様の声・インタビュー


お別れ会ができる会場

Storyのお別れ会は、場所ありきで企画を決めるものではありません。
主催者の方の意見をお伺いして、企画の内容に沿った会場を探すところからお手伝いをいたします。

お別れ会に、あの人らしさを

お別れ会の相談をする

お別れ会「Story」とは

故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ、"Story"です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。
自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、
わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで
故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、
そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?