余命宣告を受けた時にやっておいた方がいい3つのこと

死は誰にでも必ず訪れます。寿命を全うして亡くなる方もいれば、交通事故などで突如にして命を奪われる場合もあります。

また中には医師から余命宣告を受けて、余命を考えながら命を全うされる方もいるでしょう。

余命宣告をされたら誰もがショックを受けます。

本人はもちろん家族にも多大の影響が及ぶでしょう。

では残された時間をどう過ごすのか?延命治療に集中するのか?家族や大切な人と共に過ごすのか?自分の夢をかなえるのか?人によって意見も違うかと思います。

今回は、そんな余命の選択についてまとめてみます。

家族との時間をたいせつにする

まず余命宣告を受けても、絶対ではないということを思いに留めておくべきです。

実際に余命宣告の期間よりもかなり長く生きる方もいますし、完治する方もいるからです。

懸命に延命治療に集中し、病気と闘うことで克服できるかもしれません。

とはいえ余命宣告は医師からしてもかなりの確信がなければ患者に告げるはずはありません。

それで人によっては死を覚悟して、余命を有意義に過ごすことに集中する方もいます。

家族との時間を大切にして、愛する人や子どもたちに自分の元気な姿をしっかりと心に刻んでもらい、ポジティブな気持ちで余生を送ることもできるでしょう。

家族

自分の望みを書き出す

もし余命が3カ月や6カ月と宣告されたなら、その期間は計り知れない大切な時間にあるでしょう。

一日一日が貴重で、自分にとっても家族にとっても特別な期間となることは間違いありません。

それで限られた時間を有意義に使うためにも、自分のかなえたいことや望みを書き出してみることをおすすめします。

書き出しているうちに、自分にとって何が大切なのかが整理できます。

そして優先順位を決めたら、家族と一緒に計画を立て行動できるように努力してみましょう。

人生の最後に大きな目標を立てそれに挑むなら、自分にとっても支えてくれる周りの皆にとっても大きな励みとなるでしょう。

遺言を残すことと葬儀の希望を伝える

余命宣告を受けたら思い出を残すだけでなく、残された家族のためにできる限りの準備をしてあげたいものです。

自分が入っている保険を確認して、家族が経済的に困窮することがないように手を尽くしたいものです。

また葬儀のプランや告別式の有無など自分の希望をしっかりと伝えておくと、別れの時が訪れた際に家族は戸惑う必要がありません。

資産を持っているなら、相続で家族がもめないように遺書の有無を伝えておく方が良いでしょう。延命治療や葬儀にはお金がかかるものです。

残される家族のことを第一に考えて、何を残せるのか?残すべきなのかを考えましょう。

 

人生の最期にあなたができることは、本人が思う以上に多くあり、またその一つ一つの言葉や行動はとてつもなく重いものになるのです。


※本記事は、2016年9月27日に「いい葬儀マガジン」に掲載された記事を転載しています。


5/5 (1)

NHK「おはよう日本」でStoryが紹介されました

無料進呈中 グリーフケア小冊子「グリーフケア 大切な人を亡くしたあなたへ」

大切な方を偲び、思い出を語る「お別れ会/偲ぶ会」

お別れ会・偲ぶ会というと、著名人や経営者の方が行うイメージがありますが、実は最近では一般の方が行うケースも少なくありません。そんな中で「何をどのように進めたらいいのかまったく分からない…」というご相談をいただくことも増え、そのようなお客様のご要望にお応えするために、私たち「Story」はお別れ会プロデュースを行っています。

「Story」では、参加される方々にご満足いただけるお別れ会をオーダーメイドでお創りします。ご相談やお見積りは無料で行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

お別れ会・偲ぶ会のご相談を承ります
お気軽にお問い合わせください

お別れ会の相談をする

0120-963-925

受付時間 平日9:30-19:00 相談無料
ビデオ通話も受け付けております


Storyのお別れ会事例

その他の非公開事例も多くあります。お手軽なものから大々的なものまで
「こんなお別れ会できるの?」とお気軽にお問い合わせください。


お客様の声・インタビュー


お別れ会ができる会場

Storyのお別れ会は、場所ありきで企画を決めるものではありません。
主催者の方の意見をお伺いして、企画の内容に沿った会場を探すところからお手伝いをいたします。


新着記事/お別れ会ガイド

お別れ会に、あの人らしさを

お別れ会の相談をする

故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ、"Story"です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。
自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、
わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで
故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、
そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?

コロナ禍での「お別れ会・偲ぶ会」の
開催をお悩みの方へ