お別れ会をやりたいけど時期や場所の決め方がわからない

お別れ会/準備・案内 

お別れ会をやりたいけど時期や場所の決め方がわからない

お別れ会のかたちとその目的

葬儀の中でも、親族だけのわずかな人数で行う家族葬が増加しています。こういった家族葬の場合、友人や知人は故人にお別れする機会を得られません。さらに故人が芸能人であれば、芸能関係者や多くのファンは故人となった芸能人に最後の別れを伝えることができなくなります。そこで必要になるのがお別れ会です。お別れ会は葬式や告別式のあとに別日で行われ、故人と親しかった親族以外の方や一般のファンの方も心おきなくお別れできます。

 

また、葬儀や告別式では宗派の作法が濃厚ですが、お別れ会ではこのような決まりと切り離して行われるのが一般的です。進行方法や会場の飾り付け、映像で故人の思い出を振り返る演出などは主催者が自由な発想でセッティングします。

 

会を設けるにあたっては、弊社『Story』などお別れ会のプロデュースサービスに相談されることをお勧めします。不明な点はお別れ会のプロにたずねることで、具体的なアドバイスを得られます。お別れ会は定まった形式がないので、主催者も参列者もリラックスした気持ちで故人を見送れるでしょう。

 

 

開催時期の決め方

お別れ会を行う時期についても、必ず守らなくてはならない決まりはありません。しかし、多くの場合は家族葬のあとから1カ月程度の間に行われています。時期にばらつきがありますが、納骨のスケジュールを考慮して四十九日までの日程で調整するようにしましょう。しかし、招待したい方が多忙な時期に、無理に会を催すのは賢明とはいえません。迅速に執り行うのが難しければ、四十九日を過ぎたあとでもお別れ会を行うことがあります。遺族と参列者の事情をよく考慮した上で最終的な日程を決定すると良いでしょう。

 

 

開催場所の選び方

お別れ会を行う場所は葬儀や告別式とは異なり、さまざまな選択肢の中から選べます。故人のイメージや参列者の規模に合わせ、明るくて華やかな会場で行われるケースも多く見られます。会場の例としては、たとえばホテルのレストランやセレモニーホールがあげられます。ホテルといえば結婚式のイメージが強いと思われますが、お別れ会のプランに力を入れているホテルも少なくありません。食事形式や演出方法も充実しているので、参列者をもてなすことを考えれば最適といえます。

 

しかし、そういったプランはあっても、実際にはホテルのスタッフがお別れ会の空気に不慣れである場合もあるので、会場の決定には十分な下調べが必要です。会場の選択に不安があるようでしたら、弊社Storyの無料相談フォームかお電話でご相談ください。弊社では主催者の希望が叶う会場について詳しい情報を持っています。お別れ会を行う際には、事前の準備を万全に行い、参列者が故人と良い形でお別れができるように努めましょう。

4.89/5 (9)

大切な方を偲び、思い出を語る「お別れ会/偲ぶ会」

お別れ会・偲ぶ会というと、著名人や経営者の方が行うイメージがありますが、実は最近では一般の方が行うケースも少なくありません。そんな中で「何をどのように進めたらいいのかまったく分からない…」というご相談をいただくことも増え、そのようなお客様のご要望にお応えするために、私たち「Story」はお別れ会プロデュースを行っています。

「Story」では、参加される方々にご満足いただけるお別れ会をオーダーメイドでお創りします。ご相談やお見積りは無料で行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

お別れ会・偲ぶ会のご相談を承ります
お気軽にお問い合わせください

お別れ会の相談をする

0120-963-925

受付時間 平日9:30-20:00 相談無料


Storyのお別れ会事例

その他の非公開事例も多くあります。お手軽なものから大々的なものまで
「こんなお別れ会できるの?」とお気軽にお問い合わせください。


お客様の声・インタビュー


お別れ会ができる会場

Storyのお別れ会は、場所ありきで企画を決めるものではありません。
主催者の方の意見をお伺いして、企画の内容に沿った会場を探すところからお手伝いをいたします。


新着記事/お別れ会ガイド

お別れ会に、あの人らしさを

お別れ会の相談をする

お別れ会「Story」とは

故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ、"Story"です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。
自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、
わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで
故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、
そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?