星野仙一さんのお別れ会と一般の方の参加について

燃える男が燃え尽きた。
2018年1月4日に、野球界のレジェンド星野仙一さんが天国へ旅立たれました。

選手時代から多くの人に感動を与えてきた、星野仙一さん。
最後まで諦めることなく、闘病を続けたその雄姿を忘れることはないでしょう。

今回は、「星野仙一」さんの経歴を振り返ると共に、先日行われたお別れ会について見ていきたいと思います。

星野仙一さんのプロフィール

・本名: 星野仙一(ほしの・せんいち)
・生年月日:1947年1月22日(享年70歳)
・血液型:O型
・出身地:岡山県倉敷市
・出身校:明治大学

倉敷商高を卒業したのちに明治大学へ入学。
1969年に、ドラフト1位で中日ドラゴンズへ入団しました。

当時のポジションは投手。
入団1年目にして、49試合中8回の勝利を収めました。

星野仙一さんの活躍は超人的なもので、1982年までの成績は、通算146勝。
1973年からの5年は、2ケタ勝利を連続で達成するなど、素晴らしいものでした。
そしてその活躍は、多くの国民に感動と勇気を与え、1974年に『沢村賞』を受賞しました。

その後、中日・阪神の監督を務め、それぞれをリーグ優勝へと導いています。

楽天の監督を務めている時に、腰の病気を患いますが、手術をして復帰しています。
結局退任してしまいますが、球団のことを思っての退任だったのでしょう。

【監督歴】
・中日ドラゴンズ(1981〜1982年)
(1987〜1991年)(1996〜2001年)
・阪神タイガース(2002〜2003年)
・東北楽天ゴールデンイーグルス(2011〜2014年)

2017年には「野球殿堂入り」を果たし、野球界のレジェンドとして、確固たる地位を築き上げました。

星野仙一さんの死因は?症状はいつから?

星野仙一さんの死因は、膵臓がんと診断されています。

星野仙一さんは2016年7月に膵臓がんが判明しました。その後も変わらずに仕事を続け、度々その姿を見ることができていましたが、年末に近づくにつれて、だんだん病状が悪化し、がんの転移もあったとのこと。

がんが転移しても、モルヒネ投与を拒否したという星野仙一さん。
その後、家族に看取られながら静かに息を引き取りました。

葬儀・告別式は、近親者のみの密葬で営まれました。

燃える男に勇気づけられた人たち

その活躍から、大勢の人の目にとまり、幾度となく勇気と感動を与えてきた星野仙一さん。
突然の訃報に、悲しみの声が多く寄せられました。

朝日新聞でカメラマンを務める西畑志朗さん。
カメラマンとしての思い出があるんですね。

こんな物もあったんですね。
意外なところで星野仙一さんを見かけることができたということがわかります。

星野仙一さんの若い頃の写真でしょうか。
昔から愛されていたことがわかりますね。

燃える男の訃報は、多くの人に衝撃を与えました。
たくさんの分野の人たちから慕われていたことがよくわかりますね。

星野仙一さんのご冥福をお祈りいたします。

お別れ会の日程は?一般人は参加できる?

・2018年3月19日
東京都港区グランドプリンスホテル新高輪
国際館パミール3階大会場「崑崙(こんろん)」

・2018年3月28日
大阪府大阪市北区ハービスホール

 

この2ヶ所で星野仙一さんのお別れ会が行われました。

お別れ会には一般人の参加も認められ、一般献花も可能。また、追悼サイトも開設され、多くの追悼メッセージが寄せられました。

お別れ会・偲ぶ会のご相談を承ります
お気軽にお問い合わせください

お別れ会の相談をする

0120-963-925

受付時間 平日9:30-18:30 相談無料


Storyのお別れ会事例

その他の非公開事例も多くあります。お手軽なものから大々的なものまで
「こんなお別れ会できるの?」とお気軽にお問い合わせください。


お客様の声・インタビュー


お別れ会ができる会場

Storyのお別れ会は、場所ありきで企画を決めるものではありません。
主催者の方の意見をお伺いして、企画の内容に沿った会場を探すところからお手伝いをいたします。

お別れ会に、あの人らしさを

お別れ会の相談をする

お別れ会「Story」とは

故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ、"Story"です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。
自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、
わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで
故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、
そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?