お別れの会は平服で大丈夫?気を付けるポイント

お別れの会は平服で大丈夫?気を付けるポイント

届いた案内状を見てみる

葬儀や告別式の場合、通常は故人の宗派に合わせた正式な儀式が行われますので、その場にふさわしい正装(=喪服)で参列します。それに対し、お別れの会の場合は宗教的なしきたりに捉われず、パーティー形式などで行われることもあるので、必ずしも正装が求められるわけではありません。

 

案内状には「平服でお越し下さい」などと服装について指定がある場合もあるので、指示に従いましょう。ただし、派手なスタイルはマナー違反になりかねませんので、略喪服で行くのが良いかと思います。

 

略喪服とは正式な喪服まではいかない、地味な色合いの服装を指します。正式な喪服よりも制約が少なく、華美にならないように注意すれば柄があるシャツやパンツスーツも選べます。もし服装について不安な点がある場合には、事前に主催者に問い合わせしましょう。

 

 

社葬に近い場合

社葬とは、会社の重役が亡くなったり、勤務中の事故で殉職者が出てしまったりしたときに、会社主催で行われる葬儀のことです。故人の生前の活躍や功績を称えること、また故人を通じて会社がお世話になった方々に感謝の意を伝えることがその主な目的で、基本的には通常の葬儀と同じく喪服で参列します。

 

しかし、「社葬」という名目ではなく「お別れ会」あるいは「偲ぶ会」といった名目で開催される場合、喪服で行くべきなのかどうか迷うこともあるでしょう。特に服装について案内がない場合には、喪服を選んでおけばマナー違反になることはありません。

 

案内状に「平服でお越しください」と指示がある場合には、喪服は着ないのがマナーですので、略喪服で行きましょう。

お別れ会・偲ぶ会のご相談を承ります
お気軽にお問い合わせください

お別れ会の相談をする

0120-963-925

受付時間 平日9:30-18:30 相談無料


お別れ会に、あの人らしさを

お別れ会の相談をする

お別れ会「Story」とは

故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ、"Story"です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。
自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、
わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで
故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、
そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?