お別れの会・偲ぶ会は平服でも大丈夫?気を付けるポイント

お別れ会/服装・マナー 

お別れの会・偲ぶ会は平服でも大丈夫?気を付けるポイント

まずは受け取った案内状で確認

葬儀や告別式の場合、通常は故人の宗派に合わせた正式な儀式が行われますので、その場にふさわしい正装(=喪服)で参列します。それに対し、お別れの会・偲ぶ会の場合、宗教的なしきたりに捉われず、パーティー形式などで行われることもあるので、必ずしも正装が求められるわけではありません。

案内状に「平服でお越しください」などと服装についての記載があることが多いので、その場合は指示に従いましょう。ただし、平服と言っても派手なスタイルではマナー違反になりかねませんので、略喪服で行くのが無難といえます。

なお、「略喪服」というのはその言葉の通り、喪服に準ずる服装とされ、正式な喪服まではいかない、地味な色合いの服装を指します。ダークスーツや、学生であればリクルートスーツや制服などがそれにあたります。

略喪服は正式な喪服よりも制約が少なく、華美にならないように注意すれば柄があるシャツやパンツスーツも選べます。もし服装について不安な点がある場合には、事前に主催者に問い合わせましょう。

社葬、またはそれに近いお別れ会の場合

社葬とは、会社の経営者や役員が亡くなったり、勤務中の事故で殉職者が出てしまったりしたときに、会社主催で行われる葬儀・お葬式のことです。故人の生前の活躍や功績を称えること、また故人を通じて会社がお世話になった方々に感謝の意を伝えることがその主な目的で、基本的には通常の葬儀と同じく喪服で参列するのがマナーです。

しかし、「社葬」という名目ではなく「お別れ会」または「偲ぶ会」という名目で開催される場合、喪服で行くべきなのかどうか迷うこともあるでしょう。

その場合、案内状などで服装についての記載がないときには、喪服を選んでおけばマナー違反になることはありません。案内状に「平服でお越しください」などと指定がある場合には、喪服は着ないで参列するのがマナーとなりますので、略喪服で行くようにしましょう。

4.75/5 (8)


大切な方を偲び、思い出を語る「お別れ会/偲ぶ会」

お別れ会・偲ぶ会というと、著名人や経営者の方が行うイメージがありますが、実は最近では一般の方が行うケースも少なくありません。そんな中で「何をどのように進めたらいいのかまったく分からない…」というご相談をいただくことも増え、そのようなお客様のご要望にお応えするために、私たち「Story」はお別れ会プロデュースを行っています。

「Story」では、参加される方々にご満足いただけるお別れ会をオーダーメイドでお創りします。ご相談やお見積りは無料で行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

お別れ会・偲ぶ会のご相談を承ります
お気軽にお問い合わせください

お別れ会の相談をする

0120-063-925

受付時間 平日9:30-18:30 相談無料


Storyのお別れ会事例

その他の非公開事例も多くあります。お手軽なものから大々的なものまで
「こんなお別れ会できるの?」とお気軽にお問い合わせください。


お客様の声・インタビュー


お別れ会ができる会場

Storyのお別れ会は、場所ありきで企画を決めるものではありません。
主催者の方の意見をお伺いして、企画の内容に沿った会場を探すところからお手伝いをいたします。


新着記事/お別れ会ガイド

お別れ会に、あの人らしさを

お別れ会の相談をする

お別れ会「Story」とは

故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ、"Story"です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。
自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、
わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで
故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、
そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?