お別れ会・偲ぶ会とお葬式の違いとは?

お別れ会・偲ぶ会とお葬式の違いとは?

お別れ会・偲ぶ会とお葬式は目的が違う

お別れ会や偲ぶ会はその名のとおり、故人を偲ぶことを目的としたイベントです。故人の生きた軌跡をたどったり、故人との思い出を紹介しあったりします。平服での出席を指定されるケースも多く、堅苦しい儀式ではありません。パーティーのような形で実施する場合もあります。

 

それに対して、お葬式は正式な儀式であり、ご遺体もあるため規則も細かく決まっています。出席するにあたり知っておくべき慣習も多いです。故人を弔うために行うものであり、多くの場合は宗教や宗派の影響が色濃く現れています。

 

リラックスした雰囲気であるお別れ会や偲ぶ会に対して、お葬式は厳粛な雰囲気で淡々と進行するのが一般的です。お葬式では落ち着いて語り合うのが難しいので、後日あらためてお別れ会や偲ぶ会を開くこともよくあります。

 

 

お別れ会・偲ぶ会を開くタイミングに決まりはない

お葬式は亡くなった直後であるのに対し、お別れ会や偲ぶ会を開くタイミングに決まりはなく、葬式の後であればいつでも構いません。特に強い希望がない場合は、四十九日や一周忌、誕生日など節目の時期を選ぶと良いでしょう。親族や友人の間で故人のことが話題によくあがる時期なので、開催のタイミングとしては適しているといえます。

 

また出席者に同級生が多い場合は、同窓会をかねて開くこともあります。その場合は葬式で会ったばかりなので、数年後に開くのもひとつの手です。

 

このように、開催の趣旨などを考慮してタイミングを決めましょう。また、開こうとしたときに業者や会場の予約が取れない可能性もあります。そのため、事前に混み具合などを調べて、余裕を持ってタイミングをうかがうことも重要です。

 

 

企画から開催までの流れ

お別れ会や偲ぶ会には宗教的な規則や慣習はありません。非常に自由度が高く柔軟に行えますが、その分企画をしっかり考えなければなりません。開催することを決めたら、まず何をすればよいかわからない場合、会の主要メンバーで相談することをお勧めします。

 

ただし、一から企画することはなかなか大変です。そういったときは、弊社Storyの無料相談フォームかお電話でご相談ください。会場探しや企画、当日の運営・司会まですべてをサポートしております。

お別れ会・偲ぶ会のご相談を承ります
お気軽にお問い合わせください

お別れ会の相談をする

0120-963-925

受付時間 平日9:30-18:30 相談無料


お別れ会に、あの人らしさを

お別れ会の相談をする

お別れ会「Story」とは

故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ、"Story"です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。
自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、
わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで
故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、
そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?