無宗教葬儀(自由葬)とは?手順や流れを知りたい方へ

無宗教葬儀(自由葬)とは?手順や流れを知りたい方へ

宗教にとらわれない自由な形の葬儀の流れ

そもそも自由葬とは宗教のしきたりにとらわれずに、自由な形式で執り行う葬儀を指します。

 

たとえば故人との思い出の音楽を会場で流したり、スライド写真をスクリーンで上映するなど、故人の遺志や遺族の希望に合わせた葬儀を行えます。

 

自由葬の流れを一例として紹介すると、まず遺族や参列者の入場から葬儀が始まります。それから司会者が「開式の言葉」を述べて、お経の代わりに「黙祷」を行います。その後は希望により故人の思い出の曲を流す「献奏」や、「故人の経歴紹介」などを挟みます。一般的には故人のスライドやビデオを上映するケースが多いようです。

 

続いて遺族代表が参列者へ「感謝の言葉」を伝え、焼香の代わりとして「献花」を行います。それから参列者全員が故人へ「別れの言葉」を述べた後に、司会者による「閉式の言葉」で葬儀を締めくくるという流れになります。

 

もちろんこの流れを遵守する必要はなく、自由葬では遺族や故人の遺志を尊重して、さまざまなアレンジを加えることが可能です。

 

 

こんな方におすすめ

自由葬は「宗教に対する信仰心やこだわりがない」という方や、「希望する葬儀の形式が明確」という方に特におすすめです。自由葬は宗教の形式にとらわれずに葬儀を執り行えるので、事前に「故人から葬儀の要望を聞いている」という方にもぴったりでしょう。

 

また、仏教にのっとった葬儀では、読経料や戒名料などのお布施が発生します。しかし自由葬では宗教者が主体になることはなく、僧侶を呼ばずに葬儀を行うことが可能なので、プランによっては費用が安く抑えられるというメリットもあります。

 

 

自由葬で注意すること

しかし自由葬は、一般的にはあまり浸透していないのが現状でしょう。そのため自由葬を行うときに、親族や参列者の中には反対する人が出てくる可能性もあります。故人や遺族がいくら自由葬を希望していても、親族や参列者の反対を押し切って強引に葬儀をあげると、後々の付き合いに問題が生じるケースもあるので注意しましょう。

 

それから自由葬は、葬儀の流れを自分で決められることが魅力ですが、裏を返せばすべて自分でプログラムを考える必要があるということです。

 

何も枠組みができていない状態から、費用や葬儀の段取りを決めることは、決して簡単なことではありません。故人の遺志や葬儀の希望を明確にしたうえで、本当に自由葬にするべきか決めても遅くはありません。

 

自由葬は、一から葬儀を手作りできるのが大きな魅力です。別れを偲ぶ気持ちを独創的に表現することで、きっと参列者の心に残る葬儀になるはずです。自由葬の実現が難しい場合には、宗教にのっとった葬儀を行った後に自由なお別れ会を開くことも良い方法です。親族や参列者との相談をしっかりと行ったうえで、自由葬やお別れ会を検討してみてはいかがでしょう。

お別れ会・偲ぶ会のご相談を承ります
お気軽にお問い合わせください

お別れ会の相談をする

0120-963-925

受付時間 平日9:30-18:30 相談無料


お別れ会に、あの人らしさを

お別れ会の相談をする

お別れ会「Story」とは

故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ、"Story"です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。
自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、
わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで
故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、
そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?