無宗教の方のお葬式 – 自由葬/ホテル葬/お別れの会/偲ぶ会

お別れ会/種類・形式 

無宗教の方などが宗教色を抜いて行う葬儀・お葬式の総称として「自由葬」というものがあります。自由葬は、葬儀というよりも「告別式」「追悼式」といった形式で、焼香の代わりに献花を行い、祭壇には花と遺影を飾り、音楽を流すなど、宗教から離れた自由な形で行われる葬儀です。

そんな自由葬にもさまざまな形式がありますが、ここ最近でよく聞かれるようになってきたのが「お別れの会(お別れ会)」や「偲ぶ会」です。お別れの会には明確に決まった定義はないのですが、主にホテルやレストランなどを会場として行われる比較的カジュアルな告別式というのが近い表現となります。

 

通常、ホテルでは遺骨の持ち込み、焼香、読経などが許されない場合が多いため、お別れの会では参列者・主催者ともに喪服を避け平服を着用するなど、宗教色のある葬儀とは違ったパーティーのような形になるのが一般的です。また、企業や団体の葬儀といった、これまでは社葬・合同葬として行われていたものが「お別れの会」として行われる場合も増えているようです。

お別れの会と似た言葉に「偲ぶ会」というものもあります。同じ意味で使われる場合が大半ですが、亡くなってから数カ月以内に行われるものを「お別れの会」、一周忌以後に行われるものを「偲ぶ会」と定義されることもあるようです。その他、ホテルで行われるお別れの会は「ホテル葬」とも呼ばれることもあります。

 

 

一般的なお別れの会の場合、故人が亡くなった直後にご遺族の主催で近親者のみが参列する「家族葬」や「密葬」がまず行われます。その後、家族葬で告別式に参列できなかった方々が故人を追悼するための場として「お別れの会」が開催される流れとなります。

近親者のみで落ち着いて故人との別れの時間を過ごせる家族葬・密葬と、大勢の参列・会葬者にお別れの機会を提供できる「お別れの会」を分けて行うことにはメリットもありますが、遺族にとっては告別式を二度行うことになるため負担となる場合もあります。

 

これまで「お別れの会」は、社葬・合同葬や、芸能人など著名な方が亡くなったときなどに行われるケースがほとんどでした。しかし昨今では「お別れの会」を開催するニーズが高まり、一般の方でもお別れ会・偲ぶ会を行うことが増えてきています。

遺族の負担を減らすためにお別れ会の準備・開催を代行するサービスもあるので、「宗教の縛りなどなく一般的なお葬式よりも故人らしさを感じられるお別れにしたい」などのお考えがある際は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

5/5 (6)

大切な方を偲び、思い出を語る「お別れ会/偲ぶ会」

お別れ会・偲ぶ会というと、著名人や経営者の方が行うイメージがありますが、実は最近では一般の方が行うケースも少なくありません。そんな中で「何をどのように進めたらいいのかまったく分からない…」というご相談をいただくことも増え、そのようなお客様のご要望にお応えするために、私たち「Story」はお別れ会プロデュースを行っています。

「Story」では、参加される方々にご満足いただけるお別れ会をオーダーメイドでお創りします。ご相談やお見積りは無料で行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

お別れ会・偲ぶ会のご相談を承ります
お気軽にお問い合わせください

お別れ会の相談をする

0120-963-925

受付時間 平日9:30-20:00 相談無料


Storyのお別れ会事例

その他の非公開事例も多くあります。お手軽なものから大々的なものまで
「こんなお別れ会できるの?」とお気軽にお問い合わせください。


お客様の声・インタビュー


お別れ会ができる会場

Storyのお別れ会は、場所ありきで企画を決めるものではありません。
主催者の方の意見をお伺いして、企画の内容に沿った会場を探すところからお手伝いをいたします。


新着記事/お別れ会ガイド

お別れ会に、あの人らしさを

お別れ会の相談をする

お別れ会「Story」とは

故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ、"Story"です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。
自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、
わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで
故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、
そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?