学士会館

東京都千代田区東京都/お茶の水・湯島・九段・後楽園

昭和初期に建築され、開館から90年の時を刻む「学士会館」
洗練されたホスピタリティで皆さまをお迎えいたします。

東京大学発祥の地に建つ学士会館は、旧帝国大学出身者の親睦の場として1928(昭和3)年に創建されました。
国の登録有形文化財であり、昭和モダンの玄関の半円大アーチやスクラッチタイルの外観、天井の彫刻や漆喰の柱、希少価値の高い調度品などが伝統を感じさせます。

6名様の小宴会から200~300名様の大人数のお集まりまで、用途に合わせてご利用いただける多彩なバンケットルームを完備。

世代を超えて愛され続ける学士会館は、上質のサービスとおもてなしで、皆さまにご満足いただける時間と空間をご提供いたします。

※学士会館は、国立七大学の同窓組織「学士会」の施設ですが、どなた様でもご利用いただけます。

会場のご案内/201号室

会場のご案内/201号室

開館当時を物語るメインバンケットルーム

学士会館のなかで最も建設当時の姿が残る華やかで格調高いメインバンケットルーム。結婚披露宴やパーティーなど華やかなお集まりにご利用いただいております。

収容人数:立食 150名、着席 150名、円卓 120名

会場のご案内/203号室

会場のご案内/203号室

70名様前後の華やかなお集まりに

会合、婚礼など多くのお客様をお迎えするのにふさわしいエレガンスな宴会場。窓からこぼれるやわらかな光が美しい、開放感あふれる空間が特徴です。

収容人数:立食 70名、着席 78名、円卓 56名

お料理/ビュッフェスタイル

お料理/ビュッフェスタイル

和洋中折衷ビュッフェ等多彩なバリエーションをご用意

ビュッフェスタイルのお料理は、20名様よりご予約を承っております。お客様の年齢層、ご会合の趣旨などを考慮しながらご要望に添ってメニューをおつくりいたします。

※写真はイメージです。季節や市場の状況により変わる場合がございますのでご了承ください。

Storyお別れ会事例

アクセス・地図

所在地 東京都千代田区神田錦町3-28
アクセス

【電車】
・都営三田線/都営新宿線/東京メトロ半蔵門線「神保町」駅下車 A9出口から徒歩1分
・東京メトロ東西線「竹橋」駅下車 3a出口から徒歩5分
・JR中央線/総武線「御茶ノ水」駅下車 御茶ノ水橋口から徒歩15分

 

【お車】
・首都高速5号線「一ツ橋」出口から3分
・首都高速環状線外回り「代官町」出口から4分
・首都高速環状線内回り「北の丸」出口から4分

駐車場

普通車15台、軽自動車2台
※ご利用の際はフロントでのお手続きが必要となります(無料、先着順)

お別れ会・偲ぶ会なら「Story」

会場手配、準備から当日の開催まで
経験豊富なスタッフがお手伝いします

お別れ会の相談をする

0120-963-925

受付時間 平日9:30-20:00 相談無料


\近隣エリアの他会場をご提案することもできます/

ホテル・レストランや葬儀場のほか、古民家、公会堂、競技場、野外、海辺など
「こんな場所でもできるの?」とお気軽にお問い合わせください。

大切な方を偲び、思い出を語る「お別れ会/偲ぶ会」

お別れ会・偲ぶ会というと、著名人や経営者の方が行うイメージがありますが、実は最近では一般の方が行うケースも少なくありません。そんな中で「何をどのように進めたらいいのかまったく分からない…」というご相談をいただくことも増え、そのようなお客様のご要望にお応えするために、私たち「Story」はお別れ会プロデュースを行っています。

「Story」では、参加される方々にご満足いただけるお別れ会をオーダーメイドでお創りします。ご相談やお見積りは無料で行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

お別れ会・偲ぶ会のご相談を承ります
お気軽にお問い合わせください

お別れ会の相談をする

0120-963-925

受付時間 平日9:30-20:00 相談無料


Storyのお別れ会事例

その他の非公開事例も多くあります。お手軽なものから大々的なものまで
「こんなお別れ会できるの?」とお気軽にお問い合わせください。


お客様の声・インタビュー


お別れ会ができる会場

Storyのお別れ会は、場所ありきで企画を決めるものではありません。
主催者の方の意見をお伺いして、企画の内容に沿った会場を探すところからお手伝いをいたします。


新着記事/お別れ会ガイド

お別れ会に、あの人らしさを

お別れ会の相談をする

お別れ会「Story」とは

故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ、"Story"です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。
自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、
わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで
故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、
そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?