お別れ会・偲ぶ会とは – 特徴、費用相場、開催の流れをご紹介

お別れ会/企画・プログラム 

お別れ会・偲ぶ会とは お別れ会・偲ぶ会とは、どなたかがお亡くなりになった時に、家族・親族だけで葬儀・火葬を行い(密葬)、その後に日を改めて、故人に縁(ゆかり)のある方が集まって故人とのお別れをする会のことです。「お別れの会」「感謝の会」とも呼ばれ、開催時期や場所にとらわれず故人を偲ぶことができます。

もともとは、著名人や芸能人など広く名を知られた人が関係者やファンの方のために、家族の葬儀とは別に開催することが多くありましたが、近年では、家族葬を選ぶ方が増えたこともあり、一般の方でもこういったお別れ会・偲ぶ会を開催するケースが増えています。

 

お別れ会・偲ぶ会の特徴、開催形式

形式は自由。野球監督のお別れ会ではユニフォーム姿で参加することも お別れ会・偲ぶ会の特徴は、葬儀とは違い、準備に時間のゆとりがあるため、「故人を偲ぶ」ことを重視し、より「その人らしい」お別れができることにあります。

献花などで故人とのお別れをすることが多いですが、故人が生前好きだった音楽や趣味をモチーフにした空間を創りだすなど、決められた形式はなく自由なスタイルで行うことができます。

服装も喪服である必要はなく、平服での参加を促している会が多いです。例えば、野球監督のお別れ会などではチームのユニフォームで参加する、というケースもありました。

お別れ会・偲ぶ会を開催する時期としては、家族葬や密葬のあと四十九日や一周忌に合わせて、参列者の集まりやすい土日に、交通の便のよいところで行われることが多いです。とはいえ、いつ行うかにも決まりはないので、生前に「感謝の会」として行ったり、三回忌や同窓会などのタイミングでお別れ会も兼ねて行うなど、「偲びたいと思ったときにみんなで集まって偲べる」ことも特徴といえます。

会費制のお別れ会

お別れ会・偲ぶ会は、会費制で行われることが多いです。

会費制にすることで主催者の負担を減らして開催することができることと、会場や料理を立食のビュッフェ形式にすることで、当日になって想像以上の人が参加したり、キャンセルが多かった場合でも、柔軟に対応できるのが会費制のメリットです。

法人のお別れ会(社葬、団体葬)

会社主催で社員を偲ぶ社葬も 会社などの法人主催で行われる「社葬」や「団体葬」も、お別れ会のスタイルの一つといえます。

社葬といえば、かつては大企業の経営者などが亡くなったときに行われるような数百名が参列する大規模なものが主流でしたが、近年では、法人のお別れ会という形で、形式ばらず故人の生き様や仕事で得た哲学などを伝え、継承したいというニーズが広がっています。そのため、中小企業の創業者や、会社に貢献をした社員を企業主催で自由なスタイルで偲ぶ100名程度のお別れ会が増えています。

お別れ会・偲ぶ会の事例を紹介

下記では、お別れ会・偲ぶ会のプロデュースサービス「Story(ストーリー)」での実際に行ったお別れ会の事例をご紹介しています。お別れ会・偲ぶ会のスタイルを考える際の参考にしていただければ幸いです。

 

お別れ会にかかる費用、会費の相場

お別れ会の会費の相場 お別れ会を開く場合、一般的には主催者側が費用の大半を負担することが多いです。しかし一方で、友人などが主催してお別れ会を開く場合には、それぞれ会費を持ち寄って開催するケースもあります。

大抵の場合、お別れ会にかかる費用で一番大きいものは会場費用です。レストランなどで開催する場合は、料理代の中に会場費用が含まれていることもあります。

会費制の場合、一人あたり8,000円から15,000円の範囲で行われることが多いようです。これは、会場費用と飲食代、返礼品等、実際にかかる費用の頭割りに近い金額となります。お通夜・お葬儀に出たときのお香典の額とほぼ同じか、少し多いぐらいの金額が会費になる傾向があります。

お別れ会に参列するときの服装

お別れ会に参列するときの服装、平服とは? お別れ会・偲ぶ会に参列するときの服装ですが、まずは、主催者の方からの案内をよく確認しましょう。喪服と指定があれば、喪服で行ったほうがいいですが、お別れ会では喪服での参加を求められることは稀です。

案内には「平服でお越しください」と書いてあることが多いでしょう。しかし平服といっても、Tシャツにジーンズのようなくだけすぎた服は好ましくありません。男性であればスーツか、ジャケット姿であれば問題ないでしょう。女性もシンプルで地味めな服のほうが無難です。

 

 

お別れ会の会場となるホテルやレストランによっては「黒ネクタイはNG」などの制限があることもあります。そういった注意事項がある場合には、必ず従うようにしてください。

お別れ会を実施するときの流れ

お別れ会の専門スタッフに相談しましょう

あなたのご家族や友人など大切な方がお亡くなりになったとき、普通の葬儀ではなく、お別れ会・偲ぶ会を行いたいと考えた場合、どうしたらいいか分からない方も多いでしょう。

お別れ会を実施するときの一般的な流れとしては、次のような流れになります。

  1. お別れ会ができる業者(葬儀社や専門会社)に相談

  2. 家族だけでの家族葬(密葬・火葬)を済ませる

  3. 参加者の規模によってお別れ会の会場・日程を決める

  4. お別れ会当日の進行内容を決める

  5. 事前準備~当日進行

  6. 精算、アフターフォロー

 

お別れ会準備の目安は「約2カ月」

 

お別れ会・偲ぶ会は、通常の葬儀に比べて、形式張らず、自由な内容にすることが可能です。一方で、結婚式などと同じく、人生で何度もあることではないので、悔いが残らないよう丁寧に準備をすることが望ましいです。仲間内で相談しながら進めてもよいですが、ところどころプロの力を借りたほうがスムーズに進むことも多くあります。

 

お別れ会・偲ぶ会をプロデュース Story(ストーリー)

お別れ会・偲ぶ会のプロデュースサービス「Story(ストーリー)」では、形式に拘らない自由な「お別れ会・偲ぶ会」で、その人らしいお別れの場をオーダーメイドいたします。

オーダーメイドでその人らしく

コンセプト事例「よし、飲みに行こうか」 Story(ストーリー)では、お見積りを明確にお伝えしたうえで、その人らしいお別れ会・偲ぶ会をオーダーメイドでお創りいたします。私たちは、お別れ会・偲ぶ会で一番重要なことは「故人を想う気持ち」だと考えています。どのような会にしたいのか、どのような思いを伝えたいのかをお伺いして、一つずつかたちにしていくお手伝いをいたします。

主催者やご遺族の負担を軽く

Story(ストーリー)では、ご予算や参加人数に応じて会場手配、友人関係の整理、名簿作成、案内状発送、故人を偲ぶ空間の演出、献花、司会台本作成、当日運営などをお手伝いします。手間のかかる準備や当日運営を代行することで、主催者やご遺族の負担を軽くして故人と向き合う大切な時間にあてていただけます。

また、参加人数が読みにくいお別れ会で当日混乱しないように、経験豊富なスタッフが場所や飲食の量、会場レイアウトや献花などの誘導方法について、ホテルやレストランと交渉しながら手配いたします。

開催地域も、東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪、京都、愛知など全国で行っておりますのでお気軽にご相談ください。

企画から演出・運営まで丁寧にサポート

多くのお客さまは、不安を感じながらご相談に来てくださいます。故人への想いがあるのに進め方が分からない、という方も多いです。はじめはコンセプトがまとまっていなくても大丈夫。皆さまが自信をもって誇れるお別れ会になるよう、私たちが最後までサポートいたします。

Storyのお別れ会は、「~しなければいけない」のルールは全くありません。まずは大切な方への想いだけを持ってきてください。

Story(ストーリー)が提案する「新しいお別れのカタチ」

ご家族の笑顔 故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ「Story」です。

日本人とお葬式。ずっと変わらないこの儀式について考えると、それは大切な人との「お別れ」の時間といえます。しかし故人とのご縁は、これで途切れてしまうのでしょうか。そういえば、お葬式には「共に生きたつながり」を感じる場面はあったでしょうか。

儀式よりご縁。

お葬式には足りなかったものがある。ご縁のあった人たちと「つながり」を共有する時間が必要ではないだろうかと思い、創りあげたサービスが「Story」です。

よく生きた人間には、かならず印象深いストーリー(物語)があります。

生きざまと出会い、愛した人たちと、ともに語らう。そして、お別れを、ひとりひとりの未来を照らす灯りに変える。

そんなバトンタッチこそ、残された人間にとって大切な癒しや希望になるのではないでしょうか。

 

 

5/5 (56)

大切な方を偲び、思い出を語る「お別れ会/偲ぶ会」

お別れ会・偲ぶ会というと、著名人や経営者の方が行うイメージがありますが、実は最近では一般の方が行うケースも少なくありません。そんな中で「何をどのように進めたらいいのかまったく分からない…」というご相談をいただくことも増え、そのようなお客様のご要望にお応えするために、私たち「Story」はお別れ会プロデュースを行っています。

「Story」では、参加される方々にご満足いただけるお別れ会をオーダーメイドでお創りします。ご相談やお見積りは無料で行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

お別れ会・偲ぶ会のご相談を承ります
お気軽にお問い合わせください

お別れ会の相談をする

0120-963-925

受付時間 平日9:30-20:00 相談無料


Storyのお別れ会事例

その他の非公開事例も多くあります。お手軽なものから大々的なものまで
「こんなお別れ会できるの?」とお気軽にお問い合わせください。


お客様の声・インタビュー


お別れ会ができる会場

Storyのお別れ会は、場所ありきで企画を決めるものではありません。
主催者の方の意見をお伺いして、企画の内容に沿った会場を探すところからお手伝いをいたします。


新着記事/お別れ会ガイド

お別れ会に、あの人らしさを

お別れ会の相談をする

お別れ会「Story」とは

故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場をつくる。
それがわたしたちが考える新しいお別れのカタチ、"Story"です。

私たちは長年にわたり供養という業界から、お別れのカタチを見て考えてきました。
自分たちにふさわしいやり方で故人と向きあい、思い出を分かち合う場こそが、
わたしたちが考える新しいお別れのカタチです。

自分たちの心と故人のStoryが交わることで
故人との関係は途切れること無く継続していってほしい、
そんな思いから"Story"と名付けました。

世界で一つだけの "Story" を一緒につくりませんか?